MacPro に USBポートを増設する方法

公開:

この記事は、PCIカードが増設可能な「タワー型 MacPro」が対象です。モデル:MacPro, Early 2008, Early 2009, Mid 2010, Mid 2012

MacProには USB、FireWireなどのインターフェースカード(PCIカード)を増設するためのスロットがあります。取り付けは簡単に行えますが、初めての方には不安があるかなと思うので手順を記録しておきます。参考になれば幸いです。

Sonnet Allegro USB PCI Expressカード
SonnetのAllegro Express USB
静電気防止袋の中に USBカードと説明書が入っています。
SonnetのAllegro Express USB
基板は部品むき出しなので取り扱いに注意! 直接手で触れないようにするために、静電気防止手袋を使うのが安全です。
SonnetのAllegro Express USB

USBカードの取り付け

すべての接続ケーブルを外してから、背面にあるラッチを引き上げます。これで側面パネルのロックが外れます。
ラッチを引き上げる
側面パネルの上部を手前に引けばパネルが開きます。その後、上に引き抜きます。側面パネルは1枚の板になっています。
側板を取り外す
取り付けを確実に行うために、MacProを寝せて作業します。本体にダメージを与えないように注意してください。
MacProを寝かせて作業
PCIスロットカバー(ポート・アクセス・カバー)を押さえている金具(PCIブラケット)のネジを緩めます。指だけで緩まないときはドライバーで。
ねじを緩める
ネジを緩めるだけで外れます。
PCIスロットカバー押さえ金具
そのまま上に引き上げてPCIスロットカバーを外します。
PCIスロットを空ける
PCIスロットカバーは保管しておきましょう。
PCIスロットカバー
PCIスロットカバーを外した状態。
PCIスロットカバーを外した状態
スロットとカードの切り欠き位置を合わせてスロットの溝にカードを差し込みます。差すときは真っ直ぐ、グッと力を入れます。奥まで差し込まれていないとPCIブラケットが填まりません。
スロットとカードの切り欠き位置を合わせて取り付ける
USBカードを差したら元のように PCIブラケットを取り付けます。
PCIスロットカバー押さえ金具を取り付ける
これで取り付け完了。逆の手順で側板をはめてケーブルを繋ぎなおします。
取り付け完了

その後、Macを起動させて取り付けたインターフェースカードが正常に機能するか確認します。機能しない場合は取り付けが不完全、カードの故障、そのインターフェースを使うためにドライバのインストールが必要、そのカードが Mac未対応のいずれかが考えられます。

USB 2.0、FireWireなど元から Macに搭載されているインターフェースは MacProに取り付けるだけでそのまま使えますが、USB3.0や eSATAなどはドライバのインストールが必要な場合があります。