USB-C と USB 3.0 の違い、Thunderbolt 3(USB-C)とは?

最近のMacの「Thunderbolt 3(USB-C)」って、USBとThunderboltの区別がややこしく感じていませんか。

アップルが Thunderbolt 3 のコネクタ形状を USB-C にしているので、USB-C = 高速と誤解している人は多いのではないでしょうか。

USB-アルファベット と USB -数字

USB – アルファベット」は接続部の形状を表します。

ちょっと面倒ですが、USB-B と USB-micro-B は、速度規格 USB-2.0 用と USB 3.0 用の形状が存在します。下位互換は保たれているので、USB-2.0 用のUSB-B と USB-micro-B はそれぞれの USB-3.0 用ポートに刺すことができます(逆は不可)。

一方、「USB – 数字」は速さを表す規格です。

規格最大データ転送速度
USB 1.0/1.112 Mbps (1.5 MB/s)
USB 2.0480 Mbps (60 MB/s)
USB 3.05 Gbps (625 MB/s)

形状と速度という全く別の規格に「USB」が付いているのがややこしくなる原因でしょう。USB 1.0/2.0/3.0 は、USB-A、USB-B、USB-C など接続する機器によっていろいろな形状のコネクタが存在します。

USB-C は最近登場した規格なので、新しい速度規格の USB 3.0/3.1/3.1 で使われていることが多い印象ですが、USB 2.0 の USB-C ケーブルもあるので注意。USB-C だからすべての製品が高速対応ではないということです。

「USB-C」「USB Type C」はケーブルのたんなるコネクタ形状のことで、数字「2.0 / 3.0 / 3.1 / 3.2」が速度を示しています。数字が大きいほうが高速です。

最近主流になってきた USB-C は、USB-A や USB-B とは違ってコネクタに裏表がないのが特徴です。USB-A ケーブルだと刺す前に方向を確認していたのが面倒だったけれども USB-C は確認いらずで使いやすいですよね!

Thunderbolt 3(USB-C)

USB規格の「アルファベット」と「数字」が理解できていれば、Thunderbolt 3 については説明がいらないでしょう。

つまり、速さは Thunderbolt 3 でコネクタ形状が USB-C (USB Type C) ということです。いまのところ Thunderbolt 3 のコネクタは USB-C 以外は存在しないはず。

前述のとおり、USB-C ケーブルはいろいろな速度規格で使われているので、そのケーブルが Thunderbolt に対応しているかどうかはコネクタ部に「Thunderbolt マーク」があるかどうかで確認できます。

稲妻のマークが Thunderbolt を示す

もしかすると、稲妻マークのない Thunderbolt 3 ケーブルも存在するかもしれません。Anker の Thunderbolt 3 ケーブルは未確認です(購入したら追記する)。

スポンサーリンク

シェアする