Yosemiteのインストールが途中で止まる

最終更新日

Mac OS X 10.10 Yosemiteのインストール中、iCloudの設定で止まってしまった。「Mac を設定中…」の表示のまま何も進まない状態。

このまま放っておいても変わらない予感がするので、パワーボタン(電源ボタン)長押しで終了させてから再起動してみると、iCloudの設定のところからやり直しになった。次はスムーズに進んだので、何かのタイミングが悪かっただけなのか、もしかしてパスワードを打ち間違えたとか? 謎である。

普通はすぐに設定が済むはずが、Mac を設定中…のまま進まない。

設定中…で状態から進まない

再起動後は、iCloudの設定からインストール作業がはじまった。

iCloudの設定のところからやり直し

パソコンがフリーズなどして、一切の操作ができなくなった時などはパワーボタンの長押しでシャットダウンさせることが出来ます。

スポンサーリンク

シェアする