HDDの分解方法とリサイクル処分

最終更新日

エラーが出ていて使わなくなったHDDや認識できない状態の動作不良HDDを処分するとき、分解してからリサイクル処分に出すようにしています。動作不良とはいっても完全に動作しないわけではなく、データが取り出される可能性があるのが心配だからです。

動作不良のHDD
壊れたHDDでもリサイクルに出せば資源に。

HDDを壊さなくてそのまま処分にだしても、ちゃんとした会社ならデータ流出などの心配はしなくても大丈夫なはずですが、念のため。使えるものならもったいないですが、どうせ不完動品なので壊しても問題あるまい。

HDDを分解する方法

リサイクル会社では穴開けなどをして破壊するサービスもありますが、分解するにはネジを外すだけで済みます。完全分解まではすこし手間が掛かりますが蓋をひらくくらいなら簡単です。

分解にはトルクスドライバー(星形ドライバー)を使用します。

HDDのネジ
ネジを外すには星形ドライバーが必要。

3.5 inch HDD はトルクスドライバーの T8 サイズでネジを外すことができます。内部のネジは T8 サイズよりも小さい T6 サイズが使われていることもあります。2.5 inch HDD には T6 サイズよりも小さいトルクスドライバーや精密ドライバーが必要です。

すべてのネジを外したHDD
HDD表面に貼ってあるラベルの下にもネジあり。

すべてのネジを外してから上蓋を引っ張ると簡単に開封することができます。ネジ締めだけで気密性が保たれているのがすごい! むちゃくちゃ工作精度が高いということですね。

HDD内部
HDDの内部。丸いパーツにデータが格納されている。

内部のネジを外していくとどんどん分解することができます。超強力磁石(上写真では左上にある部品)が入っているので、取り出して分厚いメモ帳などを磁石で留めるのに利用できます。ただし磁気に弱いものには近づけないように注意!

リサイクル処分先

今回は、HDDと一緒に使わなくなったノートパソコン(Windows XPの古いやつ)やカメラ用リチウムバッテリーが溜まってきたので、まとめてリサイクル処分へ。

パソコンがあれば送料負担してくれるリサイクル回収業者もありますが、送料負担が必要なもののリチウム電池が引き取りOKなパソコンファームを利用しました。

トルクスドライバーセット

スポンサーリンク

シェアする