Mac OS X 10.6(Snow Leopard) → 10.6.8 へのアップデート

公開:

Mac OS X 10.6.x(Snow Leopard) → 10.6.8 へのアップデートは、アップルメニューのソフトウエア・アップデートからは出来なかった。「アップデートがあります」というダイアログは表示されるのだが、そこからはアップデート不可。

手順に従ってインストールしようと再起動してもデスクトップスクリーンが表示されたままになるので早々に諦めた。もしかすると、長時間放置していればできたのかもしれない

アップデートするにはアップデータをダウンロードして行う必要がある。

Mac OS X v10.6.8 統合アップデート v1.1 (1.09 GB)

なぜ、今更 Mac OS X 10.6を使うのかというと、家庭内無線LANに使っている 旧AirMac Expressのパスワードを変えようとしたら(今まで適当に123456……とかにしてた)今のOSでは未対応機種とのことで、昔のOSバージョンが必要になったから。

このバージョンの AirMac ユーティリティは、このベースステーションをサポートしていません(Mac OS X 10.10/AirMac ユーティリティ v6.3.5 の画面)
airmac utility

OS インストールディスクからのインストール直後(v10.6.x)でも AirMac ユーティリティは使えた。旧AirMac Expressがどの OS X バージョンまで対応していたのかは不明。