Macのメンテナンスにお薦め「DiskWarrior」〜トラブル予防から HDD修復まで

公開:

今まで幾度となく HDDのトラブルを救ってくれている「DiskWarrior(ディスクウォーリア)」、日々の使用で不調になった/なるかもしれない Macのメンテナンスにお薦めです。なんだか挙動が不安定なときにDiskWarriorに救われたことは数知れず。

DiskWarrior 5 は OS X 10.5.8 から、2017年最新の macOS 10.12 までの Macに対応。DiskWarriorがインストールされている起動ハードディスクの修復を行うには、USBメモリからDiskWarriorを動かす必要があるので、通常のインストールと合わせて修復用のUSBメモリ(DiskWarrior Recovery)も作成します。

インストール

DiskWarrior 5 は USBメモリで販売されています。

USBメモリ

DiskWarrior 5 が入っている USBメモリを Macに差すとドライブアイコンが2つ見えます。

002-diskwarrior-folders

「緑色アイコンの DiskWarrior Recovery」は USBメモリから修復を行うための起動システムが入っているので、Mac OS X 10.6で起動できるMacは、このDiskWarrior RecoveryでHDDの修復を行えます。

「赤色アイコンの DW」はアプリケーションのインストール用のドライブです。この中の2つのアプリケーションをインストール(アプリケーション・フォルダにコピー)します。

DiskWarrior のインストール

「赤色アイコンの DW」に入っている「DiskWarrior」をアプリケーション・フォルダにコピー。

003-app-dw

「DiskWarrior」を起動して、パーソナライズ(使用者名とシリアルコードを入力)します。

Macに接続している外付けハードディスクは、アプリケーション・フォルダの「DiskWarrior」で修復を行えます。「DiskWarrior」がインストールされている Macの内蔵ハードディスクを修復するには、USBメモリから修復用システムを起動させて修復を行います。

DiskWarrior Recovery Maker のインストール

「赤色アイコンの DW」に入っている「DiskWarrior Recovery Maker」もアプリケーション・フォルダにコピーします。

004-ap-dw-rm

修復用の起動USBメモリ(DiskWarrior Recovery)を作る

DiskWarrior 5 が入っている購入時のUSBメモリには 修復に使う起動システム(Mac OS X 10.6)が入っていますが、このOSを使うことができるMacでないと役に立ちません。そこで、Mac OS X 10.7以上のOSで動いているMacのために新しく修復用の起動USBメモリを作成します。

なお、USBメモリは別売りなので新しく用意します。容量が 2GB以上のものが必要です。

USBメモリを Macに差します。

006-0122

アプリケーション・フォルダにある「DiskWarrior Recovery Maker」を起動。「作成」をクリック。

007-dw-rm-making

修復用の起動USBメモリ「DiskWarrior Recovery」が完成し、デスクトップにドライブアイコンが現れます。

「青色アイコンの DiskWarrior Recovery」が Macに差し込んでいるUSBメモリです。

008-dw-recovery-usb

Macの内蔵ハードディスクを修復する方法

修復用の起動USBメモリ「DiskWarrior Recovery」を Macに差し込んでいる状態で、再起動を実行し、すぐ「option」キーを押さえたままにします。Macの起動時に「option」キーを押さえたままにしていると、起動システムが入っているドライブの選択画面になり、選んだドライブ(システム)から起動させることができます。

「DiskWarrior Recovery」を選択し、矢印マークをクリックするか、リターンキーを打ちます。

009-0086

「DiskWarrior」が含まれた macOSユーティリティが起動します。

「DiskWarrior」を選んで、「続ける」をクリック。

010-0089

Macの内蔵ハードディスクを選択して、「再構築」をクリック。

012-0094

何らかの問題が発生していると茶色の文字色で報告されます。

013-0098

「置き換え」クリックでディレクトリの再構築が行われ修復されます。

dw-work

再構築完了。レポートを保存する場合は USBメモリ外(Macの内蔵HDD内)にする必要があります。保存しなくても大丈夫です。

016-0100

DiskWarriorを終了させ、macOSユーティリティも終了させます。

017-0115

「再起動」します。

018-0117

通常のシステムから起動して、ドライブアイコン上の右クリックで取り出しメニューが開くので、「DiskWarrior Recovery」USBメモリを取り出します。

019-eject

デスクトップからドライブアイコンが消えてから、USBメモリ本体をMacのUSBポートから外しましょう。

これで、修復(メンテナンス)は終わりです。トラブル予防のため定期的に行うことをお薦めします。外付けハードディスクの修復の場合は、Macのアプリケーション・フォルダに入っている「DiskWarrior」を起動させて行います。

詳しい使い方は、「DiskWarrior」を起動させてメニューバーのヘルプから見ることができます。

私の「DiskWarrior Recovery」USBメモリは、普通のUSBメモリと間違えないようにするためにメモを貼り付けています。

020-0127