Mac ProにHDDを増設する方法

公開:
最終更新:

この記事は、HDDが内蔵可能なタワー型MacProについてです。対象モデル:MacPro, Early 2008, Early 2009, Mid 2010, Mid 2012

HDDを4台まで内蔵

MacProはHDD(ハード・ディスク・ドライブ)を専用のHDキャリア(ハード・ドライブ・キャリア)に取り付けて搭載する仕組みになっています。1〜4台のHDDを内蔵できます。

Mac ProにHDDを装着する

電源を落として、電源コードを外します。できればMacProを寝かせて作業する方が良いです。転倒防止と特に初めての場合はHDD取り付け部の構造が分かり易く取り付けが確実に行われるという理由から。

MacProを立てたまま作業するときは、転倒しないようにMacProを押さえながらHDキャリアの抜き差しを行ってください。

私のMac ProはEarly2008モデルですが、他のモデルもHDD取り付け部に関しては同じ構造です。ただしHDキャリアの型がEarly2009以降は形状が若干変わっているようです。

電源コードを外してから、背面にあるラッチを引き上げます。これで側面パネルのロックが外れます
ラッチを引き上げる
側面パネルの上部を手前に引けばパネルが開きます。その後、上に引き抜きます。側面パネルは1枚の板になっています。取り付けは逆手順
側板を取り外す

背面ラッチはHDキャリアのロックも兼ねているので、そのまま引き上げたままにしておきます。背面ラッチを戻すとHDキャリアの抜き差しができません。

HDキャリアを引き出します。HDDが積まれていないキャリアは軽く引けば簡単に出てきます。HDDがセットされているものは力をグッと入れて引き抜きます。一番左側のBay1のHDキャリアは非常に取り出しにくいです(Early2009以降は改良されているかも?)
ドライブキャリアを引き出す
MacProドライブベイ(取り付け部分) のコネクタ。HDキャリアをドライブベイに取り付ければ、ここにHDDのコネクタが刺さります
Mac Proのハードドライブコネクタ取り付け部
HDDとHDキャリア。HDDは落としたり、ぶつけたりといった衝撃に弱いので、柔らかいものを敷いてその上で取り付け作業します。基板とコネクタにも触れないように注意。HDD背面に4カ所のネジ穴があるのでそこにHDキャリアのネジを取り付けます
ドライブとキャリアと精密ドライバー
HDキャリアにHDD装着完了。これをMacProのドライブベイに取り付けます
ドライブキャリアに装着済み
HDD側のコネクタ。右側にある平たい部分2カ所がドライブベイのコネクタに刺さります
ハードドライブのコネクタ

そして側面パネルを外したときの逆の手順で取り付ければ完了です。

マスター、スレーブについて

古いHDD規格のUltra-ATAでは、HDDの設定(マスター、スレーブ、ケーブルセレクト)をジャンパーピンで行う必要がありましたが、Serial-ATAにはマスター、スレーブの区別はなくなりました。ケーブルセレクトはマスター、スレーブの判定を自動で行うということなので当然これもありません。

一部、ジャンパーピンがあるものは何らかの設定(転送速度の切り替えなど)が可能なHDDです。その場合ジャンパー設定はHDD表ラベルに記されています。普通は買ったそのままで使えるはずです。

Mac OS X で使えるように設定する

HDDは MacProに取り付けただけではまだ使えないので、Macで使えるように設定する必要があります(HDDのフォーマット)。

電源を入れ、MacProを起動させます。

Macに内蔵、または外付けHDDとして接続されているディスクが、Mac用として設定されていない場合、「読み取れないディスク」メッセージが表示されます
初期化
「初期化...」のボタンをクリックすると、ディスクを初期化するための「ディスクユーティリティ」というアプリケーションが起動します
ディスクユーティリティ
ディスクユーティリティ
HDDのリスト(容量 ディスク製品名)。初期化されていないHDDはディスク製品名の下にHDDアイコンが表示されません
ディスクユーティリティ
HDDを選択。このHDDに対して初期化(フォーマット)などの処理が行えます
ディスクユーティリティ
画面下にディスク情報が表示される。接続 IDはHDDをセットしたドライブベイ番号(MacProの側面パネルを開けて左側から、Bay1,2,3,4)。初期化するHDDを間違えないように確認!使用中のHDDを初期化すると入っているデータがすべて消去されます
ディスクユーティリティ
「消去」タブで、フォーマット:Mac OS 拡張(ジャーナリング)を選び、HDDの名前を決めます
ディスクユーティリティ

次に、「消去...」ボタンをクリック。

最終確認で「ディスク〜を消去してもよろしいですか?」が表示されるので、「消去」をクリック。

初期化(フォーマット)が完了すると、デスクトップにHDDアイコンが現れます
ハードドライブ

以上で、内蔵HDDとして使うことができます!

>>> Mac ProのHDDの選び方