テザー撮影には TetherPro USB3.0 ケーブル

テザー撮影の転送ケーブルには、米国テザーツールズ社の TetherPro USB3.0 ケーブルを使っています。EOS 5Ds を購入したときにカメラのUSB端子が USB3.0 になったのを機にテザー用の USBケーブルと延長ケーブルを TetherPro に変更しました。

TetherPro にしたのは、ケーブルは黒ばっかりなので明るい色のケーブルを使いたかったのと、EOS 5Ds のケーブルプロテクターの取り付けがちょっとだけ面倒だったためです。

それと、明るい色のケーブルを使うと、被写体側から見てカメラ位置が分かりやすいかなとも考えました。スタジオ撮影だとカメラ側は暗いことが多いので。

TetherPro USB3.0 ケーブル

ケーブルはふにゃふにゃ柔らかくなくてしっかりと固め。巻き癖が付いているので丸く巻くのは楽にできます。ただ床に這わせたときにケーブルが浮いてしまうことがあるので、平らにするためにはテープで留める必要があります。

USB3.0 規格の最大長は3メートルのはずが、テザーツールズのケーブルは 4.6メートルあります(高品質だから?)。もちろん問題なく転送は行えます。

 TetherPro USB3.0 ケーブル
TetherPro USB 3.0 to Micro-B (Right Angle)

左側に付いているケーブルタイは付属品でなくて別に購入したもの。右側の黒いものはジャークストッパーで、カメラとの接続部に力が加わらないようにするためのサポート器具です。

延長ケーブル

TetherPro USB 3.0 to Female Active Extension
TetherPro USB 3.0 Active Extension ケーブル

規格最大長 3m のUSB3.0 ケーブルを延長するために Active Extension ケーブルを使用。接続の両端は Aコネクタ(普通のUSB端子)のオス/メスです。長さ 4.9m。

所有の Active Extension ケーブルは2本あり、TetherPro USB3.0 ケーブルと全部繋いで(4.6m + 4.9m+ 4.9m = 14.4m)、EOS 5Ds では問題なくテザー撮影ができます。

コアコントローラー

テザーブーストプロUSB3.0 コアコントローラー
TetherBoost Pro USB 3.0 Core Controller

Core Controller(テザーブーストプロ USB3.0 コアコントローラー)は、電源供給を行うことができるケーブルで、これによって安定したデータ転送を可能にします。電源供給しなくても使えます。

EOS 5Ds では、コアコントローラーを使用しなくてもテザー撮影に支障はありませんが(使っても転送が速くなることはない)、EOS 1D4 で延長ケーブルを繋ぐとコアコントローラーなしではテザー撮影できません。キヤノンのソフトウエアでリモート撮影画面に切り替えられない状態になる。

ただし、EOS 1D4 は元々 USB2.0 接続なので、USB2.0 延長ケーブルを使うときは問題なくテザー撮影ができます。

TetherBoost USB DC Power Cable
電源供給にはAC電源、あるいはUSB接続できるバッテリーが必要

関連アクセサリー

ケーブル保護

ケーブル接続部のプロテクター
JerkStopper Extension Lock

延長ケーブルを繋いだときの接続部を保護するためのアクセサリー。ネジでくるくるしてカプセル状になります。面白いアイデアだなと買ってみたものの、意外とデカくてつまずきそうなので危なくて使っていません……。

ジャックストッパー

ケーブルを繋いだカメラの端子部に力が加わらないようにするためのサポート器具です。ケーブルを引っ張ってもケーブルが抜けることなく安全。

JerkStopper
JerkStopper

取り付け/取り外しが簡単です。とっても便利!

JerkStopper

収納ケース

ケーブルをまとめて収納できる thinkTANKフォトのケーブルマネジメント30 を使っています。初めは100均の柔らかめなA4書類ケースを使っていたのだけど、かさばるし開け閉めもスムーズでないので、このケーブル収納ケースをあとから買いました。初めから買っておけば良かった!

ケーブルマネジメント30 V2.0
ケーブルマネジメント30 V2.0

>>> Tether Tools ストア (Amazon)

スポンサーリンク

シェアする