日常使いのカメラが入るバックパック「Tamrac フードゥー 18」を購入

長年愛用していたバックパックが壊れてしまったので、手頃なバックパックを探していた。小型のカメラが入れられて、ノートパソコンなんかも入るやつ。

カメラを入れるのはどんなバッグでもできるのだけど、「しまいやすく、取り出しやすい」という条件をつけると途端に難しくなる。

カメラ用のバックパックだとわりと大型なものが多くて、レンズもたくさん入れられたりとか。でも日常使いにしたいので、カメラはミラーレスカメラ一台が入ればいいんだよ。

候補さがし

デザインも大事ではあるので、見た目シャープな感じで「MindShiftGEAR(マインドシフトギア) Sidepath 14L」が初めに候補になった。MindShiftGEARは、Think Tank Photo(シンクタンクフォト)発のブランドで品質も問題ないだろうと。

ただ、レンズ付き一眼レフも入る収納室のカメラ取り出し口が背中側にあるという変わった作りになっていて、それが使いやすいかどうかいまいち分からない。

SidePath Camera Backpack の製品ページ

そのほかの候補は、「HAKUBA(ハクバ) ルフトデザイン アーバンライト バックパック S」や「Manfrotto(マンフロット) NEXT バックパック」。シンプルなデザインがいい。

ハクバはバックパックにカメラストラップを吊り下げる「首の負担がZEROフック」というものが取り付けられるようになっていて、それを使うと首にカメラの重さが掛からず疲れ知らずになるという。おお、それは便利だ!と感心したがあまり首からカメラを提げて使うことはしないなぁと気づいたのでそれは重要でなくなった。

普段の荷物収納のついでにカメラを入れられるものが第一条件。カメラを収納することを基本に考えられたバッグだとそれ以外の荷物を入れるスペースが少ないかもしれない。

マンフロットは三脚や照明用スタンドで定評があるが、カメラバッグ類も数多くラインナップしている。ちなみに、カメラバッグで有名なメーカーは、テンバ、ライトウエア、タムラック、ロープロ、シンクタンクフォトなど米国メーカーが多い。

Tamrac フードゥー 18

さらにいろいろなバックパックを探していたところ、ちょっと変わった形のTamrac(タムラック)のバックパック「フードゥー(HooDoo)18」を発見。最近あまり見かけないキャンバス地で黒以外のカラーがあるのもよかった。

カメラ用の収納ポケット、デイパックとして使えるスペース、ノートパソコン収納可能、と希望要件をすべて満たす。カメラ取り出し口はバッグ上部にあって使いやすそうだが、ゲリラ豪雨など土砂降りではチャック部分から雨が染みこむかもしれないので対策は必要か。

各部写真

バッグ上部のほうが幅も奥行きも若干広がっていてめずらしい形。買ったものは緑だったが、ほかに青と暗めのオレンジ(レンガ色?)もあった。

前面
前面
背面
背面
チェストベルトあり
チェストベルト位置を調整可能

収納スペースは、最前面のポケット、前面にあるメイン収納部、真ん中のカメラ用スペース、背面のPC用スペースの4つ。

カメラ用スペース
真ん中のジッパーを開くとカメラ用のスペースがある

カメラ用スペースはほかの収納部より底が浅くなっていて、カメラを取り出しやすい。ミラーレス一眼 + 小型レンズなら入れることができる(上画像のカメラは Sony NEX-7 と シグマ 19/2.8 レンズ)が、大きめサイズの一眼レフカメラのレンズ付きでは難しいと思う。

カメラ用スペース
カメラ用スペースは上部のみ

PC用スペースは、13インチのノートパソコンまでに対応、ちなみに15インチのMacBookProは入らなかった。

PC用スペース
写真のノートパソコンは15インチMacBookProなので入らない
前面スペース
前面のメイン収納部には15インチノートパソコンが収納可能(ただし重さのバランスは悪くなる)
ミニポケット
ミニポケットの内部は広い

ちょっと困ったのが、しっかりした背面パッドの下部が丸くなっているので、バックパックを縦に立てて置くことができないこと。

バッグ底が丸い
バッグ底が丸くなっている

PC用スペース上部にケーブル通し(?)の穴がある。幅は4センチほど。

背面スペースにはケーブル通しの穴がある
背面スペースにケーブル通しの穴あり

キャンバス地は撥水加工されているが、念のためザックカバーも購入。備えあれば憂いなし。購入したのは、モンベルのジャストフィットパックカバー 20L でサイズぴったり。

ザックカバーを別購入
モンベル・ジャストフィットパックカバー 20L

スポンサーリンク

シェアする