リレーアタックによる車盗難を防止する簡単な方法

公開:

スマートキーから発する電波を遮断するために、車のキーをアルミホイルで包むだけ。

これでスマートキーが無効になります。

リレーアタック防止

欠点は、車に乗り降りするたびにいちいち包んだり開いたりしないといけないことと、捨てられやすい外観であるということ。

リレーアタックを防止する電波遮断ポーチというものが売られていますが、布地が電波を遮断する素材でできているかアルミ箔などが挟み込まれているのではないかと想像します。

アマゾンのレビューにある「まったく使えない」とか「初めは使えてたのにしばらくすると使えなくなった」というのは、もともと密閉されないような作りで隙間があったり、開閉する部分が劣化して素材が破断してしまうのだと思います。

車庫からの盗難を防ぐ

リレーアタック盗難でもっとも危険なのは自宅の車庫でしょう。車庫に車があれば車のキーは自宅内に置いてあるはずですから、スマートキーの電波を拾えれば、あとは出庫できる状態なら盗難にあってしまいます。

リレーアタック盗難を防ぐには、スマートキーの電波を止めるか、物理的に出庫不可能な状態にしておくしかありません。

我が家ではキーを缶に入れて(もちろん蓋も閉じて)間違って捨てられないように注意書きもしています。

リレーアタック防止

金属缶でスマートキーの電波を止めるときは、実際にスマートキー操作が無効になるか、缶入りキーの状態で車の解錠等ができないか試しましょう。缶に隙間があったり、金属を貫通するほど強力な電波を発するスマートキーの場合は使えません。

チョコ缶

蝶番で蓋を開閉する方式より、蓋をはめ込む缶ケースのほうが隙間がないため電波の遮蔽効果が高いと思います。

車両関連記事