格安SIMを使うためのスマートフォン選び

公開:
最終更新:

SIMに合わせてスマホを選ぶ

初めてのスマホを買おうと思って、頭の中を整理するため調べながら書きました。そのため初心者的記録であるかもしれません。

検討から購入まで
SIMとスマホの購入順序

格安SIMを使うなら、その回線を使うことができるスマホにしなくてはならない。docomo回線を使うなら docomo のスマホ、au回線を使うなら au のスマホというようにする。SIMフリースマホは、どんなSIMで使うことができるスマホのこと。

使用(契約)するSIMを決めたら、SIMを販売する会社サイトで、使用可能なスマホの型番を確認する。また、販売社によっては、SIMとスマホのセット販売をしているところもあるので、ラインナップのなかに気に入った端末があれば同じところで買うのが簡単かつ確実だ。

スマホに欲しい機能は?

au や docomo 、SoftBank などの端末は、高速通信規格のLTE対応、おサイフケータイ、高精細ディスプレイ、防水は当たり前。かたや、SIMフリー端末は、基本機能しかないものから、ハイスペックなものまで性能にとても幅がある。

どの機能が必要かで選ぶべきスマホが変わってくるだろう。もし、おサイフケータイが必須ならば、現在のところSIMフリー端末という選択はなくなり、docomo などのスマホを選ばなければならない。

大きさの比較

機能で決めるという以外に、大きさで選ぶこともあるかもしれない。高機能/高性能スマホは、大画面が多くなって大型化してきたのが最近の流行のようす。

サイズ小さめな、SIMフリー スマホ
モデル 高さ(mm) 幅(mm) 厚み(mm) 重さ(g)
LG G2 mini 129.6 66 9.8 121
Huawei Ascend G6 131.2 65.3 7.85 115
Covia CP-F03A 131.2 66.5 9.9 140
freetel priori2 132.8 66.3 8.9 132

Covia CP-F03A, freetel priori2 は1万円前後のいわゆる格安スマホだ(LTE 非対応)。高性能で小型という端末は少なく、小型のものは傾向として低性能なものが多い。大きさをとるか、性能で選ぶか悩むところ。

LTE 非対応のスマホでも、テキストが主な Twitter などでは体感速度は悪くないとも言われるが? メールしかしないとか目的が決まっている以外は、性能が良いほうが無難だろう。

LTE対応スマートフォンの大きさ比較
LTEスマホ 大きさ比較

上図は、iPhone 5, 6 と、DMM mobileで販売されているスマホの比較。見るデバイスで画面の大きさが関わるので、実寸ではありません。

スマホ購入

使用可能なモデルを確認して、候補を絞ったら、スマホを購入する。最も簡単なのは、SIMを契約する会社でスマホを合わせて購入すること。動作確認ができているのが安心だ。

それ以外では、スマホメーカーの直販ショップアマゾンなどネット販売が主な購入先になる。

docomo スマホを買う

docomo(au や SoftBank も。以下同じ)のスマホの場合は、単体のみで新品を買うことはできない。docomo と契約しなければ、新品の docomo スマホは手に入らない。ただし、限りなく新品に近い、白ロムと呼ばれる新古品を買うことができる。SIMフリースマホと同じように、ネットでも実店舗でも多くの販売店がある。

スマホ関連用語

SIMフリー スマホ
特定の通信会社のSIMを選ばないスマートフォン(ただしSIM形状は合わせる必要がある)。docomo 、 au 、 SoftBank では、各社の回線専用のSIMしか使うことができないSIMロック スマホが売られている。
SIM形状
スマホによって収納できるSIMの形状に違いがある。標準/micro/nano の3種類がある。スマホを買い、SIMを購入(契約)するときにSIM形状を指定する。
LTE
高速携帯通信規格。LTE非対応のスマホは、従来の携帯3G通信網を使う。動画などデータ量の大きいものを閲覧するにはLTE必須。
白ロム
docomo など通信会社専用端末でSIMが入っていない端末。通信会社との契約が終了してSIMが抜かれた端末である。SIMを入れれば使用できる状態にある。
赤ロム
端末に問題があり、通信が不能になること(ネットワーク利用制限)。白ロムで販売された後、何らか(未払い、盗難品)の問題が発生して赤ロムになることがある。販売店によっては、赤ロム保証が付いている。
ネットワーク利用制限
ネットワーク利用制限が掛けられておらず、使える端末(白ロム)かどうかをネットで調べることが可能。