そろそろスマホにしようかな? 格安SIMを検討中

公開:
広告更新:

スマホはすでにインフラである

近頃は、Twitter、Facebook、LINEといろいろな通信手段が当たり前になってきて、それらが電話みたいにすぐ応答できないと、問題がでてくるようになってきた。誰もがスマホで、電話とメール以外の連絡してくる。ガラケー持ってるから、スマホは要らないよ、とは言えなくなってきたのだ。

これ、もしかしたら2年くらい前からそうなのかもしれないですけどね……。

通信会社を決める

au を検討

現在は、ドコモのガラケーを使用中。自宅回線は、auひかりなので、auスマホにすると割引を受けられて、いきなり1,400円ほど安くなる。通話はたいしてしないので、完全従量制(使っただけ払う)でもいいのだけれど。au 料金シミュレーションでは、電話カケ放題プランに入らないと、安いデータ定額プランを選べない。そのため、どうやっても5千円くらいまでしか下がらない。

元々、携帯料金をそんなには払っていないので、心理的抵抗がある金額だ。それに、通話しないのにカケ放題の料金を払うのは納得いかないなぁ。

格安SIM

最近は、ドコモ、au、ソフトバンク以外の携帯通信会社があって、そこのSIMをスマホに入れれば通信料が安くすむ(こともある)らしい……。

どこのSIMシムを使うかで通信料が決まる。いわゆる格安SIMを使えば、通信料が下げられるので、それをSIMフリー端末(SIMフリー対応スマホ)に入れれば良いだけ。携帯番号も「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)」で継続できる。

最近は格安SIMを扱っているMVNOと呼ばれる通信会社がたくさんあり、そして、格安SIMを使うことができるSIMフリーのスマホも増えてきた。ドコモの回線を使うSIMならば、そのままドコモのスマートフォンも使える(ドコモ回線なので当たり前だけど)。

MVNOを検討

いくつかの格安SIMのうち、DMM mobileか、IIJmioが良さそうだと判断した。両社とも、通話料金は使っただけ請求される従量制(20円/30秒)だし、データ通信料金が安く、必要量に応じて料金設定が選べ、かつ未使用分を翌月に繰り越せる。使用するのはドコモの回線なのでエリア、品質とも大丈夫そうだ。

通話+データ通信用SIM料金表
DMM mobile IIJmio
1GB 1,460 円
2GB 1,600円
3GB 1,980円
4GB 2,220円
5GB 2,380円
7GB 2,880円 3,260円
8GB 3,580円
10GB 4,480円
追加チャージ 200円/100MB
通話料 20円/30秒
※ 料金は、2015年 2月 現在, 税抜き

DMM、IIJmio とも、2015年4月から、通信データ量が変更されています。

選んだプランを超過して、追加チャージすると料金が割高になってしまう。丁度良いところの通信量のプランにするのがベストだが、なにせ初めてのスマホで、自分がどのくらい使うか分からない。

安さを目指すなら、DMM mobile 1GBプランが良いが、少しだけ余裕を持って、IIJmio 2GBプランにしておくか悩むところだ。もし、多く使うかもしれないなら、大容量のプランがある DMM mobile が有利だろう。