Xperia z3からZenFone 3へ格安SIMのスマートフォンを機種変更

公開:

格安SIMのIIJmio(みおふぉん)を契約したときから使っているドコモ用のSony Xperia z3 compactから新しいスマートフォンに機種変更。海外旅行で現地SIMを入れて使うにはドコモ携帯のままだと使えないというのが理由。まあ、SIMロックを解除すればいいのだけど、バッテリーも少しへたってきたので買い増してもいいかなあと。でもXperiaはまだまだ使えるので、予備機として持っておくといざというときに安心。

新しい機種は、SIMフリー(Unlocked)のASUS ZenFone 3 Laserにした。スマートフォンの中では比較的安価でありつつスペックがいい。ただ、Xperiaを選んだときに重視したおサイフケータイとストラップホール、防水機能がないのが欠点ではあるけど仕方がない。

あと、みおふぉんの動作確認端末でASUS ZenFone 3 Laser ZC551KLが正常に動くと書いてあったのも良かった。確認できていない機種でも検証を行っていないだけでたぶん大丈夫なんだろうけど、安心感は大きいね。

機種変の手続きはドコモとかキャリアだと面倒だけど、格安SIMだとSIMを移し替えて新しいスマホの設定画面で契約通信会社を選ぶだけでいいということを知った。これは簡単!

SIMの移し替え

Xperia z3 compactはサイドの蓋を開いて、トレーに爪を引っかけて引っ張り出すだけでSIMが取り出せる。開閉器具いらずで楽ちん。
xperia z3 simtray

次は、Xperiaから取り出したnanoSIMをそのままZenFoneに移すだけの作業。

ZenFone 3 Laserは付属品のピンをSIMトレーに空いている穴に刺して押し込むとトレーが出てくる。SIMを所定の場所にいれてSIMトレーを元に戻すと完了。
zenfone3-sim@2x

あとは設定でIIJmioを選ぶだけで終わり。すぐできた。

SIMの移し替え作業は、新旧のスマートフォン両機とも電源を切った状態で行います。電源ボタンの長押しで「電源を切る」メニューが現れます。

ZenFone 3 Laser

ZenFone 3 LaserはmicroSIM/nanoSIMの2種類のSIMを使うことが可能。IIJmioには「同時使用不可」と書いあるので、2枚入れたときは利用するSIMをその都度切り替えればいいの? SIMの切り替えはシステムの「デュアルSIMカード設定」で簡単にできる。
zenfone3-sim-tray@2x
nanoSIMとmicroSDXCカードは排他利用なので、microSDXCカードを入れるためには、現在のnanoSIMをmicroSIMに変えなくてはいけない。でも、そうするといざという時にXperiaを使えない(→ SIMサイズ変換アダプターで解決)。
zenfone3-sim-tray-nanosim@2x
ストラップが付けられないので指掛けリングが付いているケースを購入した。これで本体を斜めに立てられ画面が見やすくて便利。
zenfone3-case