初スマホ Xperia Z3 Compact で、格安SIMを使う

公開:

ガラケー ⇒ スマホ

そろそろスマートフォンにしようと調べてみたら、大手通信会社以外のSIM(いわゆる格安SIM、あるいは低価格SIMと呼ばれるもの)を使うと通信料金が安いらしい。

ドコモでスマホ契約すると 月額 7,000円ほど掛かるが、格安SIMだと2,000円以下で済むようだ(契約プランによる)。

SIMを決めてから、スマホを買う

SIMによって使えるスマホが決まるので、まず使用するSIMを決める。ドコモ回線を使う、IIJmio が料金、条件とも良さそうなので、音声通話機能付きSIM「みおふぉん」のミニマムスタートプランにしよう。

あまり知識がない頃は、「格安SIM = 格安スマホ only」と思っていたが、そんなことはなくて機種は選び放題だ。ドコモの回線を使うなら、ドコモのスマホはもちろんのこと、SIMフリー スマホも使える。

機能からスマホを選ぶ

どの機能が欲しいか?で検討すると、今ガラケーで使っている「おサイフケータイ」が必要だろう。これは外せない! モバイルSuicaやポイントカードなどに使っていて、この機能がないと別にカード類を何枚も待たないといけなくてとても面倒になる。

IT メディアの記事、「IIJmio meeting 6:CPUとメモリ、対応バンドを確認すべし――IIJがSIMフリースマホの選び方を解説 - ITmedia Mobile」を読むと、ドコモの回線を使用するならやはりドコモのスマホが最も適しているようだ。そりゃそうだ。

あとは、防水、片手で操作できるサイズ、デザイン、カラーなどなど……。いろいろな条件を満たすスマホとして、ドコモが発売している Sony Xperia Z3 Compact に決定!

ただ、ドコモのスマホだとテザリングができないようなので、これはあきらめた。SIMフリー端末だとテザリングOKだが、おサイフケータイ機能が付いていない。すべての希望を満たすスマホは難しい……。

スマホを購入するには?

ドコモショップに行っても回線契約なしでは売ってくれないので、白ロムを買うことになる。ネットや実店舗で白ロム販売をしているところはたくさんあり入手には困らない。ただ、値段が店や時期によって大きく違うので、いろいろなところを見るのが大切だと思った。

価格.com 中古携帯プラザ は、製品製造番号が書かれていて「docomo:ネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト」で使えるスマホか調べることができて安心だが、値段は高めだった。でも、価格.com は口コミが重要な情報になっているので、信頼を欠くような商品は取り扱っていないだろうと思われるし、安心料込みと考えれば妥当かもしれない。

Amazonでも、多機種が売られている。Amazon自身の他、いろいろ販売店が売っているためか、全体的に値段は安めだった。

どのネット販売店が良いかなと検討していたが、所用で大阪へ行った折りに時間があったので日本橋電気街の実店舗で購入。何店か探して、赤ロム永久保証のところで、たいして高くない(ネットで見かけた最安ではない)値段で買うことができた。

ボディカラーはホワイトを選択
xperia-z3-compact
卓上ホルダ(充電スタンド)にセット
charge-stand
前面も背面も突起部がなくて一枚板のよう
z3-back-camera

ドコモの契約を終える準備

  • ドコモのメールアドレス(アカウント@docomo.ne.jp)が使えなくなるので、その対応。登録しているところがあればメアド変更手続きを。
  • おサイフケータイで使っているデータの移行手続き。事前にできるものは済ましておいたが、モバイルSuicaはスマホに電話番号が入るまで移行できなかった。(参考:JR東日本:モバイルSuicaの機種変更
  • ドコモ回線の契約を終えると、その回線で貯まっていたドコモポイントが無駄になるので何かに使っておこう。
  • 最後に、ドコモ ガラケーから、IIJmio スマホに携帯番号を移すため、携帯電話番号ポータビリティ(NMP)手続きをする。手続きはドコモのサイトでできるので、ドコモショップより簡単迅速。

SIMを契約

IIJmio の申し込みはネット申し込みの他に、ビックカメラの実店舗でも行っていて、こちらは「BIC SIM(ビックシム)」として販売されている。ネットで手続きをすると電話が使えない期間が発生するが、ビックカメラだと即日切り替えができるとのこと。

ドコモサイトでNMP番号を入手して、ビックカメラでBIC SIMを購入、手続きをした。電話が使えなかった時間は30分ほどで即日開通。

「BIC SIM」購入のために、準備しておけば良かったこと

IIJmio ID のパスワードを決めておく
IIJmio ID は割り当てられる。パスワードは自分で決めるので、事前に考えておくのが良いかも。後で変更できる。
その場で受信可能なメールアドレス
IIJ から確認番号を受け取るため必要。持っていた SIM の入っていないスマホでメール受信できると思ったら、契約者が使える Wi-Fi がなく、カウンターの iPad で受信しなくてはいけなかった。使用後にデータは削除されたが、他人のデバイスにパスワードを入力するのは抵抗がある。メアドは IIJ に登録されるが、後で変更可能なので、登録用アドレスを作っておけば良かった。
IIJmioクーポンスイッチ の事前インストール
SIMカードの高速/低速通信を切り替えるためのアプリ。開通後すぐにユーザIDとパスワードを入力して使い始めることができる。「BIC SIM」に入っていた"IIJmioクーポンスイッチ「みおぽん」操作マニュアル"の「みおぽん」をダウンロードするQRコードが iOS と Android で逆になっていて戸惑った。「クーポンについて | IIJmio」に説明とダウンロード先が書かれている。

BIC SIM の中身は IIJmio と同じだが、名称が違うので異なる商品のように感じてしまう。実際の違いはというと、ビックカメラで購入するパッケージだけが「BIC SIM」で、手続き中から開通後も IIJmio となる。