カラフルボックスのWordPressで画像の挿入できなくなってレンタルサーバー移転をした

公開:

とくに何をしたわけでもないのだけど、記事に画像を載せようとすると「返答が正しい JSON レスポンスではありません。」と表示がでて失敗するようになってしまった。ときどきエラーになるのでなくて100%失敗する。

エラーが出るようになった当初の条件は次の通り。

  • WordPress 5.4.2
  • 使用テーマ:Twenty Twenty
  • 使用プラグイン:LiteSpeed Cache
  • PHP 7.4
  • php.ini は初期状態

画像のアップロード挿入ができない

アップロードに使っていた画像は 2000 x 1500 ピクセルの JPG 画像。極端に大きすぎるサイズでもなくほかのレンタルサーバーの WordPress では正常に投稿できた。

画像ブロックを選択

画像の投稿が成功しないエラー

アップロードをクリック

画像の投稿が成功しないエラー

画像を選んで追加する。

くるくる回るサインが表示

画像の投稿が成功しないエラー

画像は表示されず「返答が正しい JSON レスポンスではありません。」エラー表示となる。

メディアライブラリーをクリック

画像の投稿が成功しないエラー

アップロード挿入には失敗するが、メディアライブラリーを開くと画像はアップロードされている。同じ画像が複数アップロードされているのは何度もアップロード挿入をしようと繰り返したから(すべて失敗した)。

アップロード挿入には失敗するが、メディアライブラリーから画像を選んで記事に挿入することはできる。

メディアライブラリーの画像を選択

画像の投稿が成功しないエラー

メディアライブラリーからの画像追加は成功する

画像の投稿が成功しないエラー

エラーの原因を考える

WordPressの現在バージョンが原因だろうかと、ほかのレンタルサーバーで同じバージョンのWordPressを同じ手順で試したがエラーにならない(アップロード挿入に成功する)。カラフルボックスでしかエラーにならないので、気づかぬうちに何か設定を変えてしまったのだろうか?

php.ini の設定値を調整。以前エックスサーバーで同じエラーが出たときに設定変更で直った max_execution_time をはじめ全ての設定値を余裕ある値に変えてみたが、エラーになるのは変わらず。LiteSpeed Cache のキャッシュクリア、PHP バージョンを 7.3 に変更、テーマ変更、プラグイン削除、すべて変わらず。

Physical Memory Usage(メモリ使用率)が 70% ほどだったので、サーバーのメモリ不足が原因かもしれないと考えて、現在の BOX1 プラン(メモリ 1GB)から BOX2 プラン(メモリ 4GB)へアップグレードしたが何も変わらずエラーになる。プラン変更は1ヶ月だけとかはできなくて契約残存期間アップグレードするしか選べなかったのでこのアップグレードに約1万円を使ってしまった……。

サポートへ問い合わせ

あとはもうユーザー側でできることはなかったので、この時点でカラフルボックスのサポートへ問い合わせた。

WordPressで画像を記事に挿入するためにアップロードしようとすると「返答が正しい JSON レスポンスではありません。」と表示されて挿入に失敗する。以下省略

回答を要約すると「WordPressは設定要件がわからないので明確な回答が不可能」とのことだったが、「念のため WAF(ModSecurity)の無効化を試して」とアドバイスもいただいた。

WAFの設定はcPanelのセキュリティでおこなう

WAFの設定

これで解決するのではと期待したが、……失敗。同じエラーがでるだけだった。ここでふと、なにか設定を変えてしまったのが原因ならインストール直後のWordPressなら成功するのではと考えて、新規ドメインを設定してWordPressをインストールしてそのまま画像の挿入をしてみたことろ、またもエラー。ってことは原因はサーバー側にあるんじゃないの?

サポートに返信。「WAF無効を試したがエラーは変わらず。新規ドメインに新規インストールしたWordPressでも同じ現象になる。無駄になったアップグレード代金を返金していただけないか」

回答(要約)は「BOX2 から BOX1 へダウングレードすれば残高に返金される(完全な返金はできない)」そして、新規ドメインに新規インストールしたWordPressでも同じ現象になる件はスルーされて回答はなかった。

一般的な WordPress の質問に関しては回答がないのはしかたないが、初期状態でも正常に動かないんだよ?(カラフルボックス側でサーバーの設定なにか変えてない?) でもおそらくカラフルボックスの全ユーザーが同じ状態ではないだろうから個別の問題(こちらが申告していない何か)だと思われているのだろう。今の状態でこれ以上できることは何もないので、サポートとのやりとりは「様子をみることにする」と返信して一旦終了した。

善後策

レンタルサーバーの移転をまず考えたが、契約の残存期間がもったいないのと、解決するかもと期待をこめてアップグレードして結局ダメで残高に戻ってきた1万円が無駄になってしまう……。

アップロード挿入に失敗するだけで、メディアライブラリーには画像が入っているのでそこから記事に追加することはできる。その方法でしばらくしのいでいればそのうち元に戻るかもしれない。……と考えたが、ここは思い切ってレンタルサーバーを移転することにした!

理由は、トラブルの原因がわからない以上は、似たようなことはそのうちまた起こるかもしれないと思ったから。次は更新そのものができなくなるかもしれない。おそらくそうなったとしてもサポートで解決されることはないだろう。ならば、正常にWordPressを動かせるレンタルサーバーに移転するのがいいのではないかと考えた。

レンタルサーバーの移転

さて、移転先をどうするか? 超安定のコアサーバーに戻ろうかとも考えたが、もともと WordPress の速さを求めてコアサーバーからカラフルボックスに移転したので違うところがいいかな、以前検討して料金の高さゆえに移転を見送った ConoHa WING はどうだろうか。

現在の ConoHa WING は長期割引プランができていて3年契約だと、カラフルボックスの BOX2 プランとほぼ同額だった。今よりは高くなるがエラーを解決できるなら BOX2 プランにするのも仕方ないと思っていたので料金は問題ない。以前はコアサーバーの料金6倍だったのが現在は4倍でだいぶ安くなっている(逆に考えると WordPress がちょっと遅いだけで安定して使えるコアサーバーは安すぎる!)。

ConoHa WING カラフルボックス
プラン WINGパック BOX 2
契約期間 36ヶ月 36ヶ月
月額 800 円 880 円
WordPress 正常 画像のアップロード挿入不可
(全ユーザーではない)

ということで、ConoHa WING へ移転することにした。移転話は「レンタルサーバーをConoHa WINGへ変更しました」にて。

カラフルボックスその後

契約している期間はそのまま使わないのももったいないのでなにか利用方法はないかなと考えて、ファイルストレージとして使おうと考えた。念のため、ファイルストレージとして使ってもいいかサポートに問い合わせたら「問題ない」とのこと。あわせて、ownCloud という個人でクラウドサービスが作れる Web アプリケーションを使える(自動インストールもできる)ことを教えていただいた。

cPanel の Web Applocations からインストール

owncloudnインストール

さて、解決するかもと期待をこめてアップグレードして結局ダメで残高に戻ってきた1万円の有効な使い方としてひらめいたのが、ドメイン移管をしてドメインの有効期間に変えるというものだったが、調べてみたらカラフルボックスには .jp ドメインの移管ができなかった……。我ながらナイスアイデア!と思ったが残念。

使えないWordPressに追銭状態

せめて10,508円返金してくれないか

最終問い合わせ

最初の問い合わせのときに cPanel のエラーログを見せればよかったかもとダメ元で追加質問してみたら、「WordPressは設定要件がわからないので明確な回答が不可能。(エラーログからは).htaccessの記述やパーマリンクの設定等が原因である可能性」という回答だった。

そもそもインストール直後なのだから、そこに原因があるならカラフルボックスでインストールするWordPressに何か問題があるってことだよ!?

インストール直後は「カスタム構造」になっている

custom-permalink

パーマリンク設定が「カスタム構造」になっていたのを「基本」に戻してから、画像の投稿を試してみたが変わらずエラー。初めにエラーがでるようになったのは運用中のWordPressだったからこれが原因とは思えない。でも何故にインストール直後のパーマリンク設定がカスタム構造なのか。

.htaccess は「パーマリンク:基本」のときの記述(下記)そのままと、先頭に「#」でコメントアウトした状態で試してみたがどちらでもエラーになった。

AddHandler application/x-httpd-ea-php74 .php .php7 .phtml