(完全無料)XREAでWordPressブログを始める方法

更新:

XREA は無料で使えるレンタルサーバーです。独自ドメインでの運用も、ドメインを取得しないで XREA のサブドメイン(お好きな英数字.s1001.xrea.com)で利用することもできます。

ブログを公開するドメインの違い
独自ドメイン XREAのサブドメイン
利点 ・SSL対応
・メールアドレスが作れる
・ドメインを変えずに移転できる
無料
欠点 有料 ・SSL非対応
・移転にはドメイン変更を伴う

無料プランの XREA は広告がサイト最上部に1つ表示され(広告表示のあるサイトの例)、有料プランの XREA Plus では広告が非表示になり容量と転送量上限が増量します。この記事では、無料プランで説明をおこなっていますが、有料プランでも手順は変わりません。

この記事は、XREAのサブドメインを使う「(完全無料)XREA で WordPress ブログを始める方法」です。

独自ドメインを取得する「XREA で独自ドメインの WordPress ブログを始める方法」は別の記事にしています。

作業手順・目次

詳しく書いているために、説明がたいへん長くなってしまっているのですが、むずかしいことは何もなくて簡単におこなえます。

  1. バリュードメインのユーザー登録
  2. XREAアカウントの取得
  3. XREA でのサブドメインの設定
  4. サイト設定
  5. My SQL の設置
  6. WordPress のインストール
  7. WordPress ブログの設定

バリュードメインのユーザー登録

XREA を使うには、バリュードメインのユーザー登録が必要です。

そのときに、GMO ID も同時に申し込みましょう。GMO ID を使って貯まる GMO ポイントは1ポイント(=1円)からバリュードメインのサーバー代やドメイン取得費に使えます。

gmo id

XREAアカウントの取得

バリュードメイン > サーバー > XREA へ。

xrea

新規アカウント作成 > アカウントの取得・作成

account-xrea

希望のアカウント名(サブドメイン名)を入力して、サーバーを選びます。最初から表示されているサーバーのままでも大丈夫です。

XREA では現在、.shop ドメインを1年間プレゼントするキャンペーンがおこなわれており、「XREAアカウント名.shop」の独自ドメインが申し込みと同時に付いてきます。

.shopの独自ドメインは XREAで運用できますが、2年目以降は 3,980円(税込み 4,299円)の更新料が掛かるのでご注意ください。更新しなければドメイン契約は終了します。

アカウント名が正しく希望通りになっているか確認してから、下の方にある「登録」をクリックしましょう。

XREA でのサブドメインの設定

バリュードメインの XREA のページへ戻ります。

アカウント@サーバーの新コントロールパネルから設定をおこないます。

new-account-xrea

XREAのサブドメインは、http://XREAアカウント名.s1001.xrea.com/ という形式になり、「XREAアカウント名」は取得するアカウント名、「s1001」は選択したサーバー番号になります。

サイト設定

サイト設定の内容は、「.shopドメイン初年度無料キャンペーン」開催時のもので、.shopドメインを使用せず、XREAのサブドメインを使用するための作業手順です。

「.shopドメイン初年度無料キャンペーン」で付加された.shopドメインのサイトが設定されています。

旧コンパネのドメインウェブでみた状態。

上記の意味は次の通り。
Main: www.XREAアカウント名.shop
Sub1: XREAアカウント名.shop(←ここにアクセスすると、http://www.XREAアカウント名.shop へ転送)

独自ドメインとして「XREAアカウント名.shop」があり、これのサブドメインとして「www.XREAアカウント名.shop」を作り、サブドメインの方をメインサイトにしているという設定です。

つまり、どちらにアクセスしても、「www.XREAアカウント名.shop」が表示されます。


[Transfer].shopドメインを削除します。

[Transfer].shopドメインが設定されていると、[Main]のサイト変更がおこなえないので、まず初めに[Transfer].shopドメインを削除しておきます。

[Main]として設定されている、www.XREAアカウント.shop を選んで、「サイト設定の変更」をクリック。

www.XREAアカウント.shop の変更というよりは、[Main] に設定されているサイトを変更するという目的です。

ドメイン名のプルダウンメニューから、XREAのサブドメインを選び、「サイト設定を変更する」をクリック。

[Main] のサイトが XREAのサブドメインへ変更されました。

旧コンパネでは、[Main] に XREAのサブドメインが設定されている状態では「blank」という表示になります。

ここまでで、XREAのサブドメインを使う設定ができました。

My SQL の設置

WordPress のインストールの前に My SQL データベースを設置します。

データベース > MySQL > 「データベースの新規作成」をクリック。

データベースの新規作成

任意のパスワードを入力して、「データベースを新規作成する」をクリック。

データベースを新規作成する

ここまでで、WordPressに必要な MySQL データベースの準備ができました。

WordPress のインストール

サイト設定 > XREAのサブドメイン > ツール > 「WordPress」をクリック。

CMSインストール

CMSインストール」をクリック。

インストールパスが空白ならば、ドメイン直下にインストールされます。wp など任意のディレクトリを作ってインストールすることもできます。

インストール先とブログ URL の関係
インストール先 ブログ URL(トップページ)
/public_html/ http://XREAアカウント名.s1001.xrea.com
/public_html/wp/ http://XREAアカウント名.s1001.xrea.com/wp/

インストール先を /public_html/wp/ にして、ブログ URL を http://XREAアカウント名.s1001.xrea.com にすることもできますが、設定を変更する知識が必要です。

その場合は、WordPress 公式オンラインマニュアルに手順が書かれているので参考にしてください。

5分ほど待ってから、XREAのサブドメイン(http://XREAアカウント名.s1001.xrea.com)へアクセスします。

WordPress のインストール時にインストールパスを作成した場合は、http://XREAアカウント名.s1001.xrea.com/作成したパス/ にアクセスします。

さあ、始めましょう!をクリックして、MySQLの接続情報を WordPress に入力します。

さあ、始めましょう!

MySQL の情報は、データベース の DB接続情報 で確認できます。

MySQL の情報を入力したら「送信」をクリック、次の画面でインストール実行をクリックします。

ここまでで WordPress のインストールは完了して、WordPress を使えるようになりました。引き続き、ブログの基本設定をおこないましょう。

WordPress ブログの設定

サイトのタイトルなどを入力します(すべての項目はあとからでも訂正可能です)。

「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れると、Googleなどにブログ情報を収集されないようになります。あとからブログ内の設定でも変更可能です。

すべて入力が終わったら「WordPress をインストール」をクリックします。

ログイン

ログイン

「パスワードをお忘れですか ?」の下にある「← サイトタイトル に戻る」をクリックすると、ログインせずにブログが開きます。

WordPressをルート直下にインストールしている場合のログイン URL は、
http://XREAアカウント名.s1001.xrea.com/wp-login.php

ルート直下にパスを作成してインストールしている場合のログイン URL は、
http://XREAアカウント名.s1001.xrea.com/パス/wp-login.php

*「s1001」は使用しているサーバー番号にしてください。

ログインすれば、WordPress ブログの操作画面が開きます。

それでは、ブログを楽しんでください!

関連記事