Amazonで靴のサイズが合わずに返品した話

公開日:

靴が届いて、さっそく履いてみたらサイズが合わない。長さは良いのだけれど幅が狭い。ワンサイズ上なら楽に履けそうだと思ったので返品することにした。

Amazon Fashionストアの商品で価格の右横に「返品無料」と書かれいるものは、試着後の返品・返送料は無料。

返品無料の商品は価格の横に明記されている。

商品の返品

アカウントサービス > 注文履歴のページ(要サインイン)を開く。

注文履歴で返品する商品を表示させて「商品の返品・交換」をクリック。
返品する理由を記入。
返金方法の確認。
返送方法の確認。
返送手順を記した紙を印刷できる。
返送の確認
詳しい返送手順(返送手順を印刷すると、このページが印刷される)

説明に書かれている「返品用ラベル」が何なのか分からなかった。印刷すると上記のページしか印刷されず、返送先はAmazonのサイトでは確認できなかった。

後日、別の商品を返品したときはちゃんと返品用ラベルが印刷できました。

返送手順に書かれていたリンクから郵便局サイトで集荷依頼。返送先住所は郵便局のサイトで確認できた。
日本郵便のサイトに書かれていた返送先住所を印刷した紙に記入して、それを荷物に貼り付けて返送。商品は郵便の集荷人がすぐにきて引き取ってくれた。

返送先ラベルが印刷できなくて困ったが、これでなんとかなった模様。後日の返品手続きではラベルの印刷は問題なくできました。

返品した商品の受領確認/返金手続き完了のメールが届き、返金も行われて、返品処理終了です。

返品後に、ワンサイズ上の靴を買い直しました。再購入の時はセールが終わっていたので元より価格が上がっていたのが残念だったけれど……。

Amazonの返品処理が案外楽だったので、フィッティングが必要なものでも安心して購入できるということが分かって良かった。