コアサーバー運用サイトを「格安SSL」で常時SSL化する手順

公開:2017年5月20日
更新:

バリュードメインの各サーバーで無料SSLが利用できるようになりました。

無料の独自SSL ご利用開始のお知らせ - VALUE-DOMAIN

以下の記事は無料SSLサービスがなかった当時のものです。

SSL証明書はコアサーバー・バリューサーバー・XREAサーバーの利用者が購入できるドメイン認証のアルファSSL(¥100/月)を使用します。

SSL証明書の購入、インポートまでは、バリュードメインのマニュアルに書かれている順に手続きを行い、その後コアサーバー側でドメインウェブでの SSL用ドメイン指定と SSL証明書のインストールを完了すれば、常時SSL化されて https でアクセスできるようになります。

バリュードメインのマニュアルによる作業の流れ

  1. CSR・プライベートキーの作成
  2. SSL証明書の購入
  3. 取得済みのSSL証明書をインポート
  4. SNIを使用したSSLの設定(コアサーバー)※「SSLプライベートキー・CSR生成」は上記順で進むと不要

または、コアサーバーから始めることもできる。

今のところは、バリュードメインで SSL証明書のインポートを行ってもコアサーバーに自動で証明書がインストールされないので、二度手間のような気がします……。

上記の流れとは異なりますが、コアサーバー側から作業を始めて、途中バリュードメインで SSL証明書を購入して、またコアサーバーに戻って手続きするのが分かりやすいです。

コアサーバー:ドメインウェブ

まず、バリュードメインから入って、コアサーバーのコントロールパネル > サーバ設定 > ドメインウェブから作業を始めます。

バリュードメイン:ログイン

コアサーバー:ドメインウェブ

01-coreserver-ssl-domain

SSL化するドメイン名を SSL用ドメインの欄に書き換え、「ドメイン設定」をクリックすると、次の「SSL設定」のページへ進みます。

ドメインウェブ > SSL設定

02-coreserver-ssl-setting

プルダウンでSSL化するドメイン名を選び、「証明書設定」をクリックすると、次の「CSR・プライベートキーの作成」ページへ進みます。

CSR・プライベートキーの作成

証明書設定のページの「CSR・プライベートキーの作成」をクリック。

03-coreserver-make-csr@2x

次からはバリュードメインのサイトへ移動します。コアサーバーのページはそのまま開いておきます。

バリュードメイン

CSR・プライベートキーの作成/STEP 1

04-valuedomain-make-csr

必要事項を記入し、「CSR・プライベートキーの作成」をクリック。

CSR・プライベートキーの作成/STEP 2

05-valuedomain-csr-code

自動作成された CSR・プライベートキーを確認できる。「証明書をお申し込みいただくにはこちらからお願いいたします。」をクリックで、購入ページへ進みます。

SSL証明書の購入

SSL証明書の一覧からアルファSSL(¥1,296/年)を購入。

06-valuedomain-ssl-list

SSL証明書の購入:支払残高の確認、必要事項をすべて記入(自動入力されている)して「お申し込み」をクリック。

07-valuedomain-ssl-purchase

認証メールが届くメールアドレスを選んで「お申し込み」をクリック。

08-vd-mailaddress

whoisに情報を公開していないときは、メールアドレスがあらかじめ決められたものになる。以下のいずれかを受信できるようにしておかなくてはいけない。

admin @SSL化するドメイン
administrator
hostmaster
postmaster
webmaster

申し込み完了のメール

09-vd-ssl-finished

※ 当初選んだ「postmaster」が受信できず(理由は後述)、後から「hostmaster」に変更した。

「承認手続きのお知らせ」メールが届く。URLリンクをクリックすると、アルファSSLのサイトへ進みます。

13-gmail-approval

アルファSSL

SSLサーバ証明書お申し込み確認のページで「承認する」をクリック。

14-alphassl-verification

バリュードメイン

SSL証明書の管理 > 証明書の確認

15-vd-ssl-verification

証明書、中間証明書、CSR、プライベートキーの表示

16-vd-ssl-id-code

SSL証明書のインストール

コアサーバーに戻る。

各欄へバリュードメインの「証明書、中間証明書、CSR、プライベートキーの表示」からコードをコピペして入力する。

SSL証明書のインストール。バリュードメインでは、プライベートキーの入力は「パスフレーズなし」が推奨されている。

17-coreserver-id-code-paste

「SSL証明書、中間証明書のインストール」をクリック。

18-coreserver-install

ドメインウェブ

19-coreserver-domain-web-setting

再度「ドメイン設定」をクリックで設定完了。

20-coreserver-domain-web-setting