MacPro Early2008にSSDを使う

2012年7月28日

ポータブルHDD用にSSDを買ってみたら使えなかったので改めてSSDを研究中… MacProにはどうだろう?

SSDとHDDのベンチマーク

SSDと比較のためにHDDでもベンチマーク測定。パソコンはMacPro Early2008で、SSD/HDDはフォーマット後のデータが書き込まれていない状態で測定しました。Windows 7はMac OS XのBoot Campで動作しています。

SSD:Intel 330series SSDSC2CT120A3K5
HDD:WesternDigital VelociRaptor 1500HLFS

CrystalDiskMark(Windows 7 - NTFSフォーマット)

左が SSD、右が HDDCrystalDiskMark ベンチマーク

CrystalDiskMarkの簡単な説明。詳しくは、CrystalDiskMarkサイトへ。
CrystalDiskMark 簡単な説明
Seq(Sequential) = 連続したデータの読み書き
512K, 4K = ランダムデータの読み書き

Xbench 1.3(Mac OS X - HFS+フォーマット)

SSD HDD
Sequential
Uncached Write[4K blocks] 135.33 MB/sec 124.60 MB/sec
Uncached Write[256K blocks] 120.83 MB/sec 112.45 MB/sec
Uncached Read[4K blocks] 37.20 MB/sec 43.94 MB/sec
Uncached Read[256K blocks] 126.42 MB/sec 114.06 MB/sec
Random
Uncached Write[4K blocks] 90.13 MB/sec 3.05 MB/sec
Uncached Write[256K blocks] 117.17 MB/sec 81.43 MB/sec
Uncached Read[4K blocks] 22.81 MB/sec 0.94 MB/sec
Uncached Read[256K blocks] 123.26 MB/sec 40.77 MB/sec

ベンチマークと公称データの乖離

HDDのWD1500HLFSは「サステイン転送速度が126MB/s」(AKIBA PC hotline!の記事)からすると公称通りの数値がでているものと思われる。

一方、SSDの公称データでは順次アクセス性能(Sequential)読み書き速度が500/450MB/sなのだが?
インテル SSD 公称データ
インテル® Solid-State Drive 330 シリーズ

MacPro Early2008の最大転送速度は3Gbps。これをMB/sに換算すると 375MB/s(あるいは 384 MB/s)となる。
MacPro SATA2.0
Mac Pro (Early 2008) - 技術仕様

MacPro Early2008の最大転送速度がボトルネックになってSSDの速度が抑えられていると考えられるが、SSD、HDDともSequentialの読み書きが、約120MB/sほどしか出ていないので、このあたりがMacPro Early2008の実際の最大転送速度だろうか?

SSDの速度が公称値より大幅に遅いのは他の原因? 転送速度120MB/sを超えるドライブで追加テスト(転送速度が120MB/s止まりになるか)をしてみたいが最適なドライブを持っていないので検証できず残念。そのうちドライブを入手したら追記したいと思います。

(2012.8.7 追記)日立HGST 4.0TBのベンチマークで、シーケンシャル速度が、155/169 MB/sでていることを考えると、MacProの最大転送速度が低いわけではないらしい…(追記おわり)

インテルのソフトウエア診断ではSSDドライブ状態は正常だが…
Intel SSD toolbox

実測値で検証

実際にデータをコピーして検証した。
大きいサイズのデータコピーはSequential(シーケンシャル)の速度が反映されると考えられる…
30 GBのフォルダ(中身はデジカメのRAWデータなどで、4,280項目。1ファイル平均 約7MB)をコピーした実測時間はSSD/5分26秒、HDD/5分30秒。ほぼ変わらず。

もしかして?読み出し側のHDD速度がボトルネックになっているという可能性も…

小さいサイズのデータコピーはランダムの速度が反映されるはず…
5.26 GBのフォルダ(MacOSXのライブラリ、18,761項目。1ファイル平均 約280KB)では、SSD/1分24秒、 HDD/2分3秒SSD速い!

これらのことからMacPro Early2008に搭載したこのSSDでは大きいデータのコピー速度は速くならないが、小さいデータの場合は速くなることが分かる。違うSSD、MacPro Early2008以外では大きいデータのコピー速度も速くなる可能性アリ。

実際に操作感はSSDだと全体的にキビキビした動作。ウェブブラウジングもサクサクである。

SSDをどう使うか?

動画や写真など容量の大きいデータには高速大容量のHDDを使い、システムやプログラムには 動作速度重視でSSDという使い分けがいいだろう。起動ドライブをSSD、データ用にHDD。

ドライブが一台しか積めないパソコンは?
私ならSSD内蔵にして、容量が必要なときだけ外付けHDDを使います!

MacPro 構成案

SSDをMacProに積むには、秋葉館のSSDマウンタか、Pro Drive PD100のような製品が必要。MacPro 2009以降は、OWC Mount Pro 2.5インチ ドライブマウント 2009-2010 Apple Mac Proが使えます。

基本構成

SSD HDD

基本構成 + iTunes専用ドライブ

SSD HDD HDD
iTunesデータが多いなら専用ドライブを付けたい。このドライブはとくに速い必要はないので、容量が足りるのであれば最初から付いているドライブを使うのが無駄がなくて良いかな。

2015年に再度SSD購入、搭載しました。>>> MacPro Early2008 にSSDを載せる

広告