広告を見て、思い出した話を書いていく

公開:
広告更新:

怒濤のスパムメールが止まらない

最近のトレンドは何かなぁとヤフーを見ていたら、ある広告が目に留まった。それで思い出した話を書いていく。

It's a joke, isn't it?

いつの頃からか頻繁にスパムメールが来るようになった。しばらくはそのまま放っておいたのだが、それが実在のアンチウイルスソフトメーカーを騙るメール(だと、そのときは思っていた)だったので、親切心からその会社のサポートに連絡をした。

「そちらの会社名を騙るスパムメールのようです」という報告に、「無料体験版利用者向けのメールが配信される設定になっていたので、停止処理を行った」という返信が来た。まさか本当にその会社が送っていたメールだったとは驚きであったが、サポートからメールが戻ってくるとは思っていなかったので、この会社のサポート力はすごいと感じた。

これでもう、スパムメールは来なくなるだろう、と思っていたら、すぐ立て続けに2通届いた。むむむ。これはもしかして「生きているメールアドレス」だと証明してしまったか……。でも、その会社のサポート力を信じて、「「停止処理」でなく「送信停止」をお願いします」と2度目の連絡をした。

この頃に届いていたメールは「あと1週間くらいでキャンペーンが終わるから、今すぐ申し込みを!」のようなメールであったと思う。はじめはいちいち削除していたのでメールが残っていなくて詳細不明。キャンペーン期間が終わるまで我慢すればいいかと思ったが、スパムメールに負けを認めるみたいでイヤだった。

そうしたら、「システムの関係上、配信停止を行ってから1〜2週間程度メールが届く可能性がある」という返事が来た。そちらが送信しなければ、すぐにスパムメールが止まるのではないの? それに可能性って、どういうこと? 届かないかもしれないし届くかもしれない、ということか? ソフトウエアメーカーが、そんなあやふやなシステムを使っているのだろうか???

1~2週間程度待てばスパムメールが止まるということであるが、それだとキャンペーン期間はメールが届き続けるのでスパム軍の勝ちではないか! なにか為す術はないのか? ダメ元で、再度サポートに連絡してみる。

連絡した内容

  1. そもそも、キャンペーン情報のメールを希望した覚えはない
  2. メールアドレスを、誰かが間違って登録したのではないか?
  3. 送信先アドレスは存在しないので、こちらで登録したものではない(ドメインを所有しているので届いているだけ)
  4. スパムメールを処理するには、その宣伝しているソフトウェアを入れなければならないのか?

またも返信はすぐに来た。すごいサポート力、と思ったが、単にメール送信力がすごいだけだったのかもしれない。

返信内容

  1. キャンペーン情報は無料版に登録されているメールアドレスに送信している
  2. 似ているアドレスを持つ誰かが、間違って登録している可能性も否定できない
  3. -
  4. お使いのメールソフトにも迷惑メール対策機能があると思うのでそれを

どうやら、誰かが間違って(あるいは適当に?)メールアドレスを登録して、スパムメールが送られてきているらしい。最後に「システムとして無理なら仕方ありませんが、この所有ドメインに対して、事前に配信停止処理を行えませんか」と連絡をしておいた。

その後、1〜2週間程度でスパムは止まるどころか、ずっと継続して届いている。気が向いたときに何度か「メール配信停止:メールアドレス確認」のページから、スパム停止を試みているが、まったくスパム砲の止む気配はない。もしかして、スパム砲は時々止まるものの、どこかの誰かが間違ったメールアドレスを繰り返し入力しているのかもしれない。真相はわからないが、スパムメールはまだ届いている。今日は3通来た。

このスパムメールは、送信元が変わらないのがせめてもの救いで、すべて迷惑メールフォルダに直行する設定にしている。ということで、スパムメールに悩まされていたことは意識下にあったのだが、今日、広告を見て思い出したので文章にしてみた。

ふぅ
My mail box
ソフトウエアを購入しないと、インターネットスパマーからの攻撃に対してパソコンが無防備な状態がつづく……というスパム
Today's mail
事前の書面による承諾を得ることなく、スパムメールを送りつけることはできないものとしたいです。下記画像はメール文末
スパムメール 結び

ほかの非同意メール

自分のメアドさえ覚えられないお馬鹿さんが他にもいるようで、プレイステーションのニュースメールも届いた(アドレスは別)。

このメールにも「本メールはPSNへアカウント登録された方で、弊社からお知らせのメールを配信することに同意されたお客様へ配信しております」と書かれていたが、もちろん同意していない。でも、勝手に送りつけておいて、メールをどうこうするなとか上から目線なことは書かれていなかった。これが会社の格というものだと感じた。

こちらの配信停止にはログインが必要なのだが、そのためにはお馬鹿の生年月日を入力せねばならず、結局サポートにチャットで問い合わせてすぐ解決した。ドメインへの事前メール配信停止は断られたが、「PlayStation®Network」にご登録された覚えのない方の登録削除のページを教えていただき、対処できた。

メール送信元へのお願い

初めにメアドを登録するさせるときに、それが正しいメアドなのか確認をしてから送るようにしてほしい。その事前の手間を省いて、最終的に迷惑を被るのが間違えられた方というのは納得いかない。

登録するときに、メアド確認と称して2度入力させることが多々あるが、コピペで入力する人も多いのではないだろうか? それよりも確認メールを送って認証させるような仕組みのほうが間違いもなく、たいして手間も掛からないと思うがどうなのだろう。