NEX-7でEVFオンだとバッテリー持ちが極端に悪いと思っていた件

2012年6月16日

NEX-7で撮るときは「FINDER/LCD 切換設定:ファインダー」にして、カメラを構えていないときはストラップで首から下げている。

あるとき、パワーセーブを1分にしていたのに、全然撮っていない(首から下げっぱなし)状態でバッテリー残量がほとんどなくなっていたことがあり 勘違いに気がついた!

FINDER/LCD 切換設定

- オート:ファインダーを覗いたときだけファインダー表示に切り替わる
- ファインダー:常にファインダー表示
- モニター:常に液晶モニター表示

普通、カメラでパワーセーブ機能が働くのはカメラ操作をしていない時間。NEX-7も何も操作しなくて首から下げた状態にして1分(パワーセーブが効くまで)すると省電力モードに入ると思っていた。。。。。

パワーセーブは、30分/5分/1分/20秒/10秒。OFFにはできない。

NEX-7でファインダー表示をオンにしているとき、たとえ自分が覗いていなくてもファインダー接眼部を何かで塞いでいればファインダーを覗いていると感知されファインダーは表示されたままになってしまう。当然パワーセーブは効かないので、ファインダー表示されっぱなし → バッテリー減る、ということになっていたのだ!

ファインダー右横のアイセンサー

名前はアイ(eye)だが瞳を感知しているのではなく、センサーを何かで塞げばファインダーは表示される。

首から下げた状態だと、ファインダー接眼部は体に密着するのでアイセンサー感知によってファインダーは点きっぱなし!
首から下げたカメラ
「FINDER/LCD 切換設定:オート」でも同様。

ファインダーを使うなら、撮らない時はこまめにカメラ電源スイッチをオフにするのがバッテリー節約になる。

撮らないときファインダーを塞がないようにしていればパワーセーブ機能は働くが、省電力モードから復帰するときファインダー表示に時間がかかるので、電源スイッチのON/OFFとたいして変わらない気がする。

速写性最優先でファインダー点灯時間のロスをなくすには、常時ファインダーON状態で使うしかないだろう。

広告