MacProのHDDの選び方

公開:
更新:

この記事は、HDDが内蔵可能なタワー型MacProについてです。対象モデル:MacPro, Early 2008, Early 2009, Mid 2010, Mid 2012

HDDが4台積める

MacProのHDD(ハード・ディスク・ドライブ)増設はとても簡単。買ったままで1台だけしか使っていないという人には増設をお薦めします。HDDを4台まで内蔵することができます。

HDDを内蔵して使う利点:

  • 新たに置き場所が要らない
  • 電源ケーブル不要
  • 接続ケーブル不要
  • コピー、保存などの速度が速い
  • 目的に応じてHDDを選べる

欠点は、HDDのみの持ち運びができない、取り付けと設定の手間が少し掛かることです。でも、手間といっても本当に少しだけ!

MacProで使えるHDD

製品としてのHDDは特定OS向けに作られている訳ではないので、Mac専用HDDというものはありません。HDDを初期化(フォーマット)したときに、Mac用、Windows用が決まります。ですが、初期化した後でもフォーマットし直せば、Mac用、Windows用を切り替えることもできます。

大きさの規格

  • 3.5インチ:大容量、高速、大型
  • 2.5インチ:軽量、小型

MacProは3.5インチを使います。2.5インチを3.5インチサイズにするドライブマウンター(変換アダプター)を使うことで、2.5インチHDD(あるいはSSD)も使うことができます。

接続方式

  • Serial-ATA(別名:SATA、シリアルATA)
  • Ultra-ATA(別名:UATA、ウルトラATA、PATA、パラレルATA、IDE)
  • SAS
  • SCSI

MacPro は Serial-ATAを使います。もし、MacPro RAIDカードが装着されていれば、SASドライブを使うこともできます。

Serial-ATAの転送速度

  • 1.5 Gbps
  • 3.0 Gbps
  • 6.0 Gbps

MacProはSerial-ATA 3.0 Gbps対応。異なる転送速度規格のHDDを繋いだ場合は、MacProかHDDの遅い方の速度になります。

回転速度(rpm = 回転/分)

  • 10,000 rpm
  • 7,200 rpm
  • 5,400 rpm

HDDの速さには、回転速度が最も影響します! 速度が上がるほど、アプリの動作やコピーなどが早くなり、操作性が高くなります。

起動ドライブ(OS・アプリケーション)、作業用ドライブは、10,000 〜 7,200 rpm、データ保管用には、7,200 〜 5,400 rpmを使うのが良いでしょう。

言い方をかえると、データ保管用に10,000 rpmはお金のムダ、起動ドライブに 5,400 rpmはMacProの性能が勿体ないです。

キャッシュ容量

  • 16MB
  • 32MB
  • 64MB

キャッシュとはHDDに入っているメモリ。同じHDDなら容量の大きい方が速いっぽいですが、体感的にあまり変わらない気がします。作業内容によっては差が出るのかもしれません。

販売店ではこれらの規格を並べて「3.5インチ SATA/3Gbps 7,200rpm 64MB」と表記していたりします。

使用目的から決める

回転速度が速いとコピー・ファイルの保存などが速くなり作業効率が向上します。ただし、回転速度が上がれば発熱と騒音は増し、価格も高くなります。

データを置いておくだけなら低速で静かで発熱が少ないHDDを、作業用として使うなら静音・価格を犠牲にしても高速回転HDDを、というように使い分けるのが良いでしょう。

速度を最重視する

HDD最速の10,000rpmのHDDはすでに販売されいないか販売されていてもたいへん高額になっているので、代わりにSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)をお薦めします。

近年ではSSDが高速なHDDよりも安価な価格帯になってきました。データの収納容量はまだまだHDDが有利ですが、容量が比較的少なくてすむ起動ドライブにはSSDが有利です。

速度と容量を重視する

高速転送可能な高容量なHDDが作業効率を高めます。容量は必要なサイズを選ぶことができます。

ただし、容量3TB以上のHDDはMacPro取り付け用のネジ穴が浅い可能性があるため、その場合はドライブキャリアのネジを短く削る必要があります。

参考:MacPro用にWD Se 3TBを買ったけれど…(ドライブキャリアのネジを削るの巻)

また、8TB超の大容量のHDDはMacPro取り付け用のネジ穴位置が従来のものとは異なっているため、通常の方法では取り付けができません。少なくとも4TBまではネジ穴位置は従来と同じですが、5TB以上 8TB未満のHDDは購入したことがないのでネジ穴位置がどのようになっているか不明です。

容量を重視する

データ保存用には容量を優先したモデルが有利。転送速度(HDDの回転速度)は速いほうが、保存に掛かる時間が短くなりますが、回転速度に比例して価格も高くなるので、コストパフォーマンスを重視するか作業時間の短縮を重視するかで選ぶHDDを決めましょう。