MacProのHDDの選び方

公開:
最終更新:

この記事は、HDDが内蔵可能なタワー型MacProについてです。対象モデル:MacPro, Early 2008, Early 2009, Mid 2010, Mid 2012

HDDが4台積める

MacProのHDD(ハード・ディスク・ドライブ)増設はとても簡単。買ったままで1台だけしか使っていないという人には増設をお薦めします。HDDを4台まで内蔵することができます。

HDDの代わりに互換性がある SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)を搭載することもできますが、この記事では説明を省きます。

HDDを内蔵して使う利点

  • 新たに置き場所が要らない
  • 電源ケーブル不要
  • 接続ケーブル不要
  • コピー、保存などの速度が速い
  • 目的に応じてHDDを選べる

欠点は、HDDのみの持ち運びができない、取り付けと設定の手間が少し掛かることです。手間といっても本当に少しだけ!

MacProに合うHDDの選び方

製品としてのHDDは特定OS向けに作られている訳ではないので、Mac専用HDDというものはありません。HDDを初期化(フォーマット)したときに、Mac用、Windows用が決まります。

初期化した後でもフォーマットし直せば、Mac用、Windows用を切り替えることができます。

サイズの規格

  • 3.5インチ:大容量、高速、大型
  • 2.5インチ:軽量、小型

MacPro は 3.5インチ サイズを使います。

接続方式

  • Serial-ATA(別名:SATA、シリアルATA)
  • Ultra-ATA(別名:UATA、ウルトラATA、PATA、パラレルATA、IDE)
  • SAS
  • SCSI

MacPro は Serial-ATAを使います。もしMacPro RAIDカードが装着されていれば、SASドライブも使えます。

Serial-ATAの転送速度

  • 1.5 Gbps
  • 3.0 Gbps
  • 6.0 Gbps

MacProはSerial-ATA 3.0 Gbps 対応。違う転送速度規格のHDDを繋いだ場合は、MacProかHDDの遅い方の速度になります。

MacPro + HDD1.5 Gbps = 1.5 Gbpsとして使用
MacPro + HDD6.0 Gbps = 3.0 Gbpsとして使用

販売店ではこれらの規格を併記して "3.5inch SATA/3Gbps" と表記していたりします。

回転速度

  • 10,000 rpm
  • 7,200 rpm
  • 5,400 rpm

rpm = 回転/毎分

HDDの速さには、回転速度が最も影響します!速度が上がるほど、アプリの動作やコピーなどが早くなり、操作性が高くなります。

OS、アプリケーション用は、10,000 〜 7,200 rpm
データ保管用に、7,200 〜 5,400 rpm を使うのが良いでしょう。

言い方をかえると…
データ保管用に10,000 rpm はお金のムダ、
OS、アプリケーション用に5,400 rpm はMacProの性能が勿体ないです。

キャッシュ容量

  • 16MB
  • 32MB
  • 64MB

キャッシュとはHDDに入っているメモリ。同じHDDなら容量の大きい方が速いっぽいですが、体感的にあまり変わらない気がします。

MacProにお薦めのHDD

回転速度が速いとコピー・ファイルの保存などが速くなり作業効率が向上します。ただし、回転速度と発熱・静音は相反するので使用目的によって選ぶものが変わります。

データを置いておくだけで速さが必要ない使い方なら低速で静音・発熱の少ないHDDを、作業用に使うなら静音・発熱を多少犠牲にしても、高速回転HDDを、というように使い分けるのが良いでしょう。

静音を犠牲にするといっても10,000 rpmのHDDが爆音というわけではないので、作業効率を重視するならこのクラスがおすすめです。

MacProなどのCPUがパワフルなマシンを使っていても、結局HDDが速度のボトルネックになっていることは多いですが、速いHDDを増設することでマシンパワーを無駄なく使うことができます。

速度最重視のHDD

HDD最速の10,000rpm(現在 1TBが最大容量です)。


WESTERN DIGITAL 3.5インチ内蔵HDDSATA6.0Gb/s 64MB 1TB 10000rpm WD1000DHTZ

追記(2016/10/5):現在では、SSDの価格が下がり、速度重視なら SSDがお薦めです。

SSDについて

近年までは高額だった SSDが最速HDDよりも手頃な価格帯になってきました。データの収納容量はまだまだ HDDが有利ですが、起動ドライブは容量が少なくても大丈夫なので SSDのコストパフォーマンスが高いといえます。

SSDは、転送速度が一般的な HDDより速いため、Macの起動時間なども非常に短く体感速度ははるかに向上します。ただし、MacProへの取り付けは、専用のマウンターが必要になります。

参考記事:MacPro Early2008にSSDを載せる

容量重視 & 速度重視のHDD

高容量かつ高速。作業用HDDにお勧め。

ただし、容量3TB以上のHDD裏面のねじ穴が浅いため、MacProに取り付けるにはドライブキャリアのネジを削る必要があります。(参考:MacPro用にWD Se 3TBを買ったけれど…

1〜6TB : 7,200rpm

Western Digital WD Black 3.5inch 1TB 64MBキャッシュ SATA6.0G 7200rpm WD1003FZEX

容量重視のHDD

高容量モデル。データ保存用に。頻繁に読み書き保存する作業用には向きません。

4TB : 5,900rpm

Seagate Barracudaシリーズ 3.inch SATA 6Gb/s 4TB 5900rpm 64MB ST4000DM000