キエフ88の第一印象

2008年7月25日

Kiev88

欠点もたくさんありそうですが、
使っていくうちに慣れそうです(諦め?)。

壊れなければ、多少の不具合は我慢します。
そんな気にさせてくれるカメラです。

最初の感想

シャッターのストロークが深い。
シャッター音がデカイ。
ミラーショックがデカイ。

絞りはちゃんと絞られているようなので、まあ大丈夫そうだ(と信じたい)。

「すぐ壊れる!」という情報の元、何をしたら壊れるか分からない。
何をしても壊れそう。

コマ間がバラバラ。
フィルム後半は重なりまくりなので、なにか対策を考えないと。

→熟考の結果、フィルム巻き上げはフィルム巻き上げダイヤルのみに頼らず、シャッターチャージ後にホルダーの巻き上げノブで追加で行う、ということにした。このほうが確実。

そして、カメラがクサイ!
何の臭いだろう?接着剤かグリスか?

防湿庫に入れたくなかったけど、季節柄すぐカビが生えそうなのでしょうがない。そのせいで他のカメラが少しキエフ臭くなった。

試し撮り

絞りとシャッター速度の組み合わせを変えて撮影。
すべて同じ露光量なので、同じ明るさになるはずだが・・・

Film : Fuji RDPIII

1/1000, f4+1/2 1/1000, f4+1/2

1/500, f5.6+1/2 1/500, f5.6+1/2

1/250, f8+1/2 1/250, f8+1/2

1/125, f11+1/2 1/125, f11+1/2

1/60, f16+1/2 1/60, f16+1/2

1/1000と1/500のコマが少し明るい(シャッター速度が長い=遅い)だけで、ほぼ一定。
ネガフィルムだと問題ないレベルか。

1/1000と1/500の写真の画面左側が明るくなっている気がする。シャッターむら?

ミラーアップ機構がなく、低速シャッター時のカメラぶれが気になったが、テストしてみた結果ではとりあえず大丈夫だった。

手持ち撮影では、1/30秒より長いシャッターはぶれぶれ。
まぁこれは当然だな。

想像していたよりも問題のないカメラのようだ。
もっとすごいかと心配していたよ。

広告