Mac向け「外付けHDD」の選び方

公開:
最終更新:

Macの性能を最大限に使うために

動画や写真がたくさん増えてきて Macの保存容量が足りない!と思ったら「外付けHDD」を使いましょう。

近年の Macは大丈夫ですが、少し前の Macには、Thunderboltや USB 3.0がありません。売っている外付けHDDは USB 3.0接続のものばかりで、これを(USB 2.0でも使えると書かれているので)買って、繋いで使うとむちゃくちゃ遅い。でも、そういう時は、FireWire 800で接続できるものを使えばいいのです。USB 2.0から比べたらすごく速いので……。

この記事は、新旧のMacを使っている方と、これから外付けHDDを買おうかなと思っている人への案内です。外付けHDD選びの一助になれば幸いです。

現在私は、Thunderbolt 2を搭載しているMacと Thunderboltポートがある外付けHDDを持っていないので、文章には、仕様を読んでの推測(Thunderbolt 2 > USB 3.0の部分など)が入っています。おそらく間違ってはいないはずですが…… 実機を手に入れたら検証してみます。

ポートを考える

ポートとは、パソコンと外付けHDD間でデータの送受信を行うための接続口です。インターフェースとも呼ばれます。

2015年現在、販売されている Macには、Thunderboltサンダーボルト 2USB 3.0 ポートが搭載されています。ただし、MacBook(Early 2015)だけは、新規格ポートの USB 3.1(USB-C)が1つです。

2012年頃までの Macは、FireWireファイヤーワイヤー 800USB 2.0 ポートが搭載されていました。

新旧の Macのポート
現在 Thunderbolt 2, USB 3.0
2012年以前 FireWire 800, USB 2.0

転送速度は、速いほうから順に、
Thunderbolt 2 > USB 3.0 > FireWire 800 >>> USB 2.0

Thunderboltには、Thunderbolt(10 Gbps) と Thunderbolt 2(20 Gbps) があり、2015年現在は、Retina 5K以外の iMacと MacBookを除き、全モデルが Thunderbolt 2です。

Macに最適な外付けHDDを選ぶにあたって、一番重要なのはどのポートで接続するか、です。搭載されている中で最速のポートを使うことで、データの読み/書き/保存がより早く済み、作業時間を短縮できます。

その次が、外付けHDDの性能になります。どんなに性能の良い外付けHDDを使用しても、遅いポート(例えば USB 2.0)と接続するのであれば、性能の無駄です。という訳で、接続ポートの選択は最重要課題です。

搭載されているポートを調べる

まず、Macのポートを確認しておきましょう。ポート脇に記号が書かれているので、簡単に分かると思います。

ポートの記号は種類のみを示し、バージョン(USB 3.0、USB 2.0など)は表記されない
icons
MacBook Pro Mid 2012
macbookpro-interface
MacProEarly 2008 背面
macpro-rear

FireWire 400 は、2008年頃まで使われていた FireWire 800の下位バージョンで、転送速度は、FireWire 800 > FireWire 400 >>> USB 2.0 です。

Macの USB 3.0ポートの見分け方

普通の USB 3.0ポートは内部が青色になっていて、一目瞭然で USB 3.0と分かりますが……。

MacProに増設した USB ポート、上段:USB 3.0、下段:USB 2.0
MacProの増設USB
外付けHDDの USB 3.0(Standard-B形状)
USB 3.0-B

Mac本体に付いている USB 3.0ポートは USB 2.0と同じ見た目なので判断が付きません。そこで、Thunderboltがあるどうか、に注目しましょう! Thunderboltが搭載されている機種は、必ず USB 3.0も搭載されています。ただし例外として、MacBook Pro Late 2011、 MacBook Air Mid 2011は、USB 2.0です。

参考:所有Macのモデル名の調べ方

どのポートを使うか?

速いポートで転送するのがストレスがなく、作業が短時間で行えます。最速のThunderbolt 2が最も良いですが、USB 3.0もなかなか速いです。

一方、USB 2.0はとても遅いので、FireWire 800 & USB 2.0の Macならば、FireWire 800ポートを強くおすすめします。

おすすめポート
おすすめ順 Thunderbolt 2 > USB 3.0 > FireWire 800
おすすめしません USB 2.0

外付けHDDの種類

据え置き型とポータブル型があります。

タイプ 特徴
据え置き型 大容量、長時間の稼働に向く、リムーバブル式がある
ポータブル型 小型、コンセントに繋がなくても使える

据え置き型は、3.5インチHDDを1台〜数台内蔵していて大容量です。冷却ファンが搭載され、長時間HDDを動かしても高温になりにくく安定して使用できます。

高温で長時間使用を続けると不安定動作と故障の原因になり、製品寿命に影響する可能性があります。

ポータブル型は、小型の2.5インチHDDあるいは SSD が内蔵されています。電力はポート間をつないでいるケーブルを通して Macから供給されるので、別にACコードを必要とせず持ち運びが容易です。短時間で済むバックアップ用、データの受け渡しなどに向きます。

ハードディスク・ケース(HDDケース)

完成品でなく、組み立て式の外付けHDDもあります。HDDが内蔵されていない「外付けHDDのケース」と「内蔵するHDD」を別に購入して組み立てて使用します。必要な容量のHDDを使えますが、ケースの仕様によっては使用可能なHDDに制限があることもあります。

HDDケースの製品仕様に、対応OSとして MacOSが書かれていないときは、使用できない可能性があるので購入は控えた方が無難です。

リムーバブル式の外付けHDD

リムーバブル(Removable)と呼ばれる HDDを交換できるものもあります。HDDをセットしたパーツを必要に応じて入れ替えて使用します。外付けHDDを何台も持たなくて良いのでスペースが節約でき、かつ安上がりです。しかしながら、すべてのデータを同時に扱えないという欠点はあるので、そのような必要がある場合は、大容量の外付けHDDが向いています。

リムーバブル式の外付けHDD(2台のHDDを内蔵できるタイプ)
stardom with hdd-tray

Macと外付けHDDを繋ぐ

Macと外付けHDDのポートは同じ種類でないと接続できません。よって、Macの使用ポートに合わせて、外付けHDDを選ぶことになります。

外付けHDDのポートは1種類だけのもの、多種類あるもの様々あります。ポートの種類が多ければいろいろな Mac(あるいは、Windows PC)に対応でき利便性が高くなります。

また、同じ種類で2口のポートを持つものは、その外付けHDDに別の外付けHDDを繋げられるデイジーチェーン機能を持つものです。ちなみに、同じ種類のポートでしか繋げられず、1台目は USB 接続、2台目は FireWire 接続ということは出来ません。

外付けHDDのポート(USB 3.0, e-SATA, FireWire 800)。FireWire 800が2口あるのでデイジーチェーン可能
stardom-interface

転送速度が落ちる例

USB 3.0と USB 2.0など同種類ポートのバージョン違いは接続(下位互換)できますが、転送速度は下位バージョンになります。外付けHDD側が USB 3.0ポートでも、Mac側が USB 2.0ポートであれば、とても遅い転送速度になるので注意が必要です。

USB 2.0と USB 3.0を繋ぐと、速度は USB 2.0
usb2-usb3

Thunderboltを FireWire 800へ変換すると、速度は遅い方の FireWire 800になります(FireWire 800の転送速度 がボトルネックになる)。転送速度は、USB 3.0 > FireWire 800 なので、外付けHDDに USB 3.0ポートがあるならそちらを使った方が効率的です。

thunder-fw800

使用上の注意

電源 ON

起動しているMacに外付けHDDを接続ケーブルで繋いでから、外付けHDDの電源を入れます。据え置き型は、電源スイッチがありますが、ポータブル型は接続ケーブルを繋ぐと(ケーブルで電力供給されるので)自動的に電源が入るものが多いです。

外付けHDDのアイコンが Macのデスクトップに現れたら、HDDとして使用できます。

電源 OFF

Macとの接続を解除する前(デスクトップに外付けHDDのアイコンがある時)に、電源をOFFにしてはいけません。HDDが動いているときに電源を切ると、壊れます!

HDDは内部に円盤状の回転する部品があり、正しい手順で停止させる必要があります。

外付けHDDの電源をOFFにするときは、まず、デスクトップにある 外付けHDDのアイコンをゴミ箱にドラッグ&ドロップしましょう。これでソフトウエア的に Macとの接続が解除(アンマウント)されます。デスクトップからアイコンが消えたら、電源をOFFにできます。

アイコン上の右クリックで、「取り出す」を実行しても、アンマウントできる
unmount

電源スイッチが Macと同じような(ON/OFF切り替えでなく)押すだけのものは、長押しすると OFFになります。

スリープに注意

MacProに PCIeカードを増設して、ポータブル型の外付けHDDを接続している場合は、スリープ時に HDDが止まります(拡張スロットへの電力供給が停止されるため)。これは、アンマウント前に電源をオフにするのと同じことです! 接続中は、スリープをしないように設定するか、必要のないときはアンマウントする習慣をつけましょう。

購入時の注意

Mac用

製品仕様に「Mac用」、「Macフォーマット済み」と記載されているものはそのまま Macで使え、単に「Mac対応」とだけ書かれているものは、再フォーマットで使えるようになるということです(要確認)。

Mac用にフォーマットされていない場合は、Macのファイルシステムである HFS+(MacOS 拡張フォーマット)にフォーマットする必要があります。逆に、Mac用を Windows用にフォーマットして Windows PCで使用することも可能です。

ファイルシステム形式
Mac HFS+(MacOS 拡張)
Windows NTFS
フォーマットはディスクユーティリティで行えます
mac-fomat