Coda2 のリモートルートの設定

2014年1月26日

Coda2 のリモートルートの設定に悩んだ(解決)ので記録しておきます。

ファイルを保存後、「すべてを公開」ボタンで一括アップロードできる公開機能を使うために、ローカルとリモートルートの設定が必要になります。

remote-root-setting-1
公開機能を利用するにはサイトのローカルおよびリモートルートを設定してください。

ローカルルートは、PC内のファイルの場所なのでローカルルート欄の右端にある 設定... をクリックしてフォルダを指定するだけだが、リモートルートはどうやって書けばいいのだろう?

設定パネル
remote-root-setting-2

/www/domain/(オプションです)、と書かれているので、taken.jp/とか? Transmit4の設定では、リモートパス /public_html にしていた。リモートルート と リモートパスは似てるけど意味がちがうか。

Panic.comで推薦していた電子書籍「CodaでつくるWebサイト制作入門(Coda 2対応)」のリモートルートの説明のところには 例えば、レンタルサーバー「Heteml」の 場合は「web/」がリモートルートになります。(p. 34) とあったので、レンタルサーバーによって設定が異なるらしい?

リモートルートは、「リモート」の「ルート」ってことだろう?ルートは / だけど…。ま、いちおうやってみるか。で、

できた!解決\(^o^)/

remote-root-setting-3
リモートルート欄には、/(スラッシュ)を入力。

このサイトはCORESERVER.JPを使っていますが、これが他のレンタルサーバーなどでも使える設定かどうかはわかりません。

設定後、保存したファイルは公開タブのところに現れるようになりました。
remote-root-setting-4

広告